上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
いつの間にか2008年になっていた。
2007年、拙者が見た死骸の数は合計して18体であった。20体まであといっぽ及ばず。

因みに

19体目は鼠であった。今年が子年だからか?

まぁそんなこんなで今年も既に見ている。
それは今までとは規模が違う。
死骸というよりも死体。いや、遺体である。

つまり、2008年に入って初めて拙者がみたそれは

人である。

といっても、別に道ばたに遺棄されたものを見たわけではない。
身内の通夜及び告別式・葬儀 へと行ってきたのである。

その人と拙者との関係を説明すると
父方の叔父の妻(義理の叔母か?)の母
である。直接的には全く関係がない。

その義理の叔母と亡くなったその母は某宗教信者であった。
どのような儀式が行われるのかとても心配したが、
普通に真言宗の葬式だった。

通夜が終わった後と、次の日の告別式と葬式にかけて拙者は二回顔を見た。

スポンサーサイト
02/12|日記コメント(0)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

樹

Author:樹
北川けんいちと乙一を崇拝。

取り敢えず、ダメ人間。
対して上手くもないくせにイラストとか描いてるほんとダメ人間。
サボり癖が激しいので注意

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
カウンター
ブログ検索
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。