上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--/--|スポンサー広告||TOP↑
ギターの弦も張り替え終わり(実際には一弦が張り替えた後諸事情により切れてしまった為一弦だけない状態)、なんとなく暇なので更新。
暇だけど外にはでたくない。

YES!引きこもり体質!

ところで、最近またGOTHの絵を進め始めた(今までサボってたんかい)

やっと人物が描き終わりました。何故こんなに遅いのかというと、面倒くさくてちょっとずつしか
描いてなかったからです。

スポンサーサイト
07/30|日記コメント(1)トラックバック(0)TOP↑
・・・・はい。というわけで本日は第何回目なのか謎だけどLSでした。
今回は拙者は遅刻せずに(寧ろ一番に着いた)参加した。
そしてOPENの11時からフリータイム終了の18時までカラオケに居座り、
その後サイゼリヤで夕食。グダグダした後家路につく。
ということで、名言と共に説明してゆこう。印象的な出来事を。(倒置法)
あくまで拙者目線でだが。

「上手い人ってやっぱ上手い?」
パンチーの演劇部の話をしていた際に、小…キノコが発した言葉。
まぁ、そりゃ、上手いから上手い人なんだろ、上手い人が上手くなかったらもうそれは
上手い人とはいわないんだよ。とツッコんだ。


「ビデが出てきた」またまた小次…キノコの発した言葉である。
トイレに行った際、流すボタンをおしたらビデが出てきたらしい。
書いてから思ったが、あんま面白くねーなこれ。

つーかカラオケで印象的な一言ってあんまない。何故なら歌っていたから。
それ以外の人は黙ってもっつんの話を聞いていたから。
そしてもっつんはカラオケ内では一言のみの言葉をあまり発してないから。(つまりは喋り続けていた)

どっちかというとそのあとのサイゼリヤだな。キノコとパンチーが帰った後の。(倒置法二回目)


「なんでさー、ドラムはドラマーなの」もっつんの言葉。
アコースティック・ギターはアコギというから、アコースティック・ベースはアコベっていうのかな
という会話から発展した。
ギター、ヴォーカル、ベースがギタリスト、ヴォーカリスト、ベーシストの「ist」なのに対して
どうしてドラムはドラマーで、「er」なのかということである。
そして拙者、灯、もっつんの三人でつぶやいた。


「ドラミスト…」ミスト=霧。なんか霧の粒を拡大するとドラえもんの顔だった。みたいなものを創造した。
しょーもな。


「フォークは、4つに別れてるからフォークなん?」
これももっつん。まったくこいつはしょーもないことばっか考えてんな。
この議題に対して、このような会話が交わされた。
「いや、そもそもさ、フォークって英語とは限らないじゃん」
「あ、確かに。」
「種類も沢山あるし。」
「子供用のって三つのとかあるしね。」
「最初はさ、刺すのを重視して二股だったかもしれないじゃん」
(そして拙者は二つに分かれたフォークみたいなものを描いた)
「槍みたい」
「さすまたかと思った」
「いや、これはさ、あの雪見だいふくのあんじゃん。なんか刺すやつ。あれイメージでさ。
さすまたって・・・・」
(拙者今度はさすまたの絵を描く。)
「そうそう。学校で先生が『えいやー』って不審者押さえる奴」
「(笑)」
「あれ椅子でもできるんだべ。」
「でもさすまたのがいいよ。」
「うん。」

…話し脱線しすぎだろ。だれかフォークの由来ご存じの方、教えてください。


その後本屋をめぐり、その隣の小さいCDショップへ行き、改札の前で、
動くのが面倒 とかいいながら30分くらい喋っていた。(しかも話しの途中で帰った)
一日中一緒にいたのに、話が尽きないのは人間という生きたラジオの、
周波数が一致しているからだと思った。何言ってんだ自分。
つまりはあれですよ、自分が伝えたいことは、自分と同じ周波数を持った人間にしか読み取ることは
できないみたいな感じで解釈してください。言っていることがよく分からない人は。(倒置法三回目)



帰りの電車で、みんなで見た雀の死骸の存在を思い出してみたりした。
どこかの駅のホームを拙者の乗る電車が通り過ぎた時、遠くで花火が見えた。
一発しか見ることのできなかった赤い花火は、帰るときの憂鬱さを一瞬だけでも忘れさせた。
儚く火花が散った後は、やけに明るい電車が自己主張をし、現実に引き戻させた。
そして思う。
なんでiPodを忘れてしまったんだろう
と。
07/27|日記コメント(7)トラックバック(0)TOP↑
丁度、五日ほど前のこと。
数ヶ月ぶりに奴と遭遇した。
道路のすみにうずくまるようにして横たわっていた奴…
そう、猫の轢死体(轢死骸?)である。
なぜかここ数ヶ月鳥の死骸しか見ていなかった。理由は分からないが。
タオルを被せられていて詳しくは見ていないが、飛び出た腸が道路の真ん中で
渦を巻いていた。以前見た黒猫の腸は白くてきれいだったが、今回の猫はなんか黄色っぽかった。
どっちが正常なのだろう。どうでもいいか。
そう言えば、前回のLSのレポをしていないが、あれはまぁいいかと思った。
次はカラオケなのでまた濃ゆい感じになりそうである。
乞う御期待。などという予告をすると次レポする確率が低くなるから不思議な物である。
まぁ期待しないでほしい。拙者は他のメンツの記事には期待してるがな。
見事に拙者の触れもしなかった穴を埋めてくれるかもしれない。


07/21|日記コメント(3)トラックバック(0)TOP↑
プロフィール

樹

Author:樹
北川けんいちと乙一を崇拝。

取り敢えず、ダメ人間。
対して上手くもないくせにイラストとか描いてるほんとダメ人間。
サボり癖が激しいので注意

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
QRコード
QRコード
カウンター
ブログ検索
フリーエリア

ブロとも申請フォーム
リンク
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。